トップイメージ画像

講師紹介

王雲逸(Wang Yun Yi):二胡奏者



王雲逸(本名王昀)は音楽一家で育ち、6歳より上海音楽学院の唐春貴教授による二胡の英才教育を受け、その後、上海を中心にソロ奏者として、演奏活動を行って来た二胡演奏家です。二胡大師劉天華先生の本家伝承者4代目弟子の一人でもあります。中国音楽家協会会員、中国二胡演奏家協会会員。


日本においては、テレビ、ラジオに多数出演し、1994年NHKに紹介され、同年、広島での第12回アジア競技大会に特別ゲストとして公演に参加、奈良法隆寺世界遺産一周年記念公演など多数の公演を参加しました。今年の上海万博にも、公演を参加しました。また、来日以来20年に亘って中国音楽の宣伝、普及に力を尽くしてきました。特に関西では、中国音楽を広げた始めての人でもあります。


現在では、中日両国の文化交流を促進する役割をしながら、日本各地で二胡の演奏活動を展開し続けと同時に、大阪で二胡教室も開き、その普及教育および奏者の育成にも力を尽くしています。



周伟国(Zhou Wei Guo):扬琴奏者



上海に生まれる。音楽世家で育ちました。父親の影響の上で、七歳から、二胡、竹笛、そして揚琴、月琴,阮などを勉強になりました。その後、主に揚琴に専攻になりました。この間、宓永禄など多数の揚琴の大先輩の英才教育を受け、本格的な揚琴奏者として、活躍して来ました。


1995年から、東新街道文化站站長、普陀区文化館楽隊隊長、普陀区文化館文芸責任者、作曲、楽隊指揮などに歴任。1981年、上海市人民滑稽劇団に入団、揚琴奏者として、活躍してきました。


来日後、プロー揚琴奏者として、後継者の育成をしながら、演奏活動にも努めています。現在中国民族楽器教室の専任講師をしながら、関西龍韻華楽団の指揮にも力を尽くしています。現在大阪在住です。



孫艶(Sun Yan)講師



孫艶、中国大連生まれ。幼い頃から、大連市少年宮少年少女芸術団で二胡、中阮、大阮、柳琴などを活躍して来ました。中学生から来日しました。来日後、日中文化交流のため、幅広く活躍して来ました。


現在、中国民族楽器教室の専任講師として、活躍しています。中国民族楽器の普及教育、そして中国民族楽器に関心を持つ方の育成に力を尽くしています。また、関西龍韻華楽団においても演奏活動をしながら、奏者の育成に力を尽くしています。